妊娠中におすすめの化粧水|肌荒れをケアしてくれる化粧水は?

荒れやすい妊娠中の肌にピッタリの化粧水

妊娠初期のホルモン増加で、肌荒れをしやすくなります

妊娠すると、プロゲステロンというホルモンが増加します。妊娠中の肌荒れは、ホルモンと深く関わっています。生理前にできていた大人ニキビができたり、肌荒れを繰り返すなど、妊娠中の肌トラブルは多々あります。敏感になっているお肌をいたわり、肌ストレスのかからないスキンケアをこころがけましょう。
低刺激で、保水力のあるものを選ぶことで、乾燥を防ぎ、肌トラブルを回避・改善することができます。また、紫外線からの刺激で、シミもできやすくなる時期です。こちらも低刺激の日焼け止めなどを使用するなど、外的ダメージを軽減することも大切です。

妊娠中に最適な化粧水選びのポイント

肌のバリア機能を強化してくれるもの

肌あれを繰り返す事で、肌のバリア機能が定価していきます。肌が乾燥し、ニキビなどもできやすい肌になってしまいます。肌をしっかり保湿して、肌バリア機能を強化すれば、肌荒れもしにくく、ニキビのできにくいお肌になります。保湿が浸透しやすいヒト型セラミドなどがおすすめです。

安全性に優れているもの

妊娠中のお肌は本当にデリケートです。石油系界面活性剤の配合されていないものを選びましょう。完全無添加や、オーガニック、低刺激など、肌はもちろん、人にやさしい成分である化粧水を選びましょう。産後の肌もデリケートです。赤ちゃんにふれても安心な成分の化粧品が好ましいですね。

肌荒れをケアしてくれるもの

低刺激の化粧品の使用はもちろんですが、今ある肌荒れを抑えなくてはなりません。肌内部の炎症を抑える、植物由来のエキスなど、肌に優しい成分でも効果のあるものを選びましょう。

妊娠中でも安心して使えるおすすめの化粧水はこれ!

妊娠中も、産後も、おすすめのディセンシア「アヤナス」で肌荒れ改善しましょう!

「アヤナス」は、低刺激で、肌荒れを効果的に改善します。

●ヒト型ナノセラミド・・・本来人間がもっているヒト型セラミドをナノ化しました。肌に馴染ませるとすぐに、深部にまで浸透し、肌に潤いをあたえてくれます。肌バリア機能も回復できます。

●皮膚科医立ち会いのモニターテスト済・・・厳しい安全基準を設定し、アレルギーテストや皮膚科医立会いによる実施用モニターテストを経て、全てのテストをクリアしてものだけを送り届けています。

●コウキエキス・・・敏感肌特有の肌荒れを改善するコウキエキスです。肌内部の炎症を抑えて、肌のゆらぎを繰り返しません。


妊娠中も産後も安心して使える化粧水で、肌荒れを改善しましょう!頑張るママに、ストレスのない肌環境をご提供しています。